据え置き型WiMAXルータの電波が悪い?ちょっとした配置換えで改善するかも

今日も仕事で気になったところのレポートを上げていきます

たまーにいらっしゃる据え置き型WiMAXルータを契約されているお客様

今日は先日契約されたそのWiMAXルータが

エリア内にもかかわらず回線速度が遅くインターネットができない!

っといったクレームがありまして、ご訪問させてしていただきました

・・・が、とても簡単な作業で直りました

すごく簡単なことですのでもし参考になればと書き記しておきます

据え置き型WiMAXルータとは

一応据え置き型WiMAXルータとは何かを、超簡単にご説明しておきます

最近ポケットWi-Fiなんてよく耳にしますね

WiMAXのポケットWi-Fiも、よくCMとかで耳にしていることかと思います

LTEという携帯電話などにも使われているインターネット回線を、本当に小さい手のひらサイズくらいの充電可能、持ち運び可能の無線ルータで受信して

そこからWi-FiでスマホやPCを接続してインターネットをするというのがポケットWi-Fiです

そのポケットWi-Fiを巨大にして(大体ちょっと大きめの筒状)、ご自宅のコンセントに挿せばすぐにWi-Fiルータとして使えるというのが

据え置き型WiMAXルータです

ポケットWi-Fiのように充電ができないため持ち運びはできませんが

ポケットWi-FiにはなかったLANポートがついており、有線でもインターネットが利用できるようになっております

要は大きくなって持ち運べないけど有線接続ができるポケットWi-Fi

 

※ポケットWi-Fiや据え置きのLTEルータはUQモバイルのWiMAXだけでなく、ソフトバンクやdocomoなどの携帯会社も出しています

今回の症状の原因

一言でいうと

据え置き型Wi-Fiルータに、大本のWiMAXの電波が届いていなかった

 

これではいくらスマホにつないでもインターネットができるはずがありません

こういった据え置き型のWi-Fiルータには、きちんとLTE回線の電波を受信できているかわかるランプがついており

  • 電波が悪いとLTEと書いてあるランプが赤色に点灯する機種や
  • 電波の強さを表す4つのランプのうち1つとか2つしか点灯しない機種などがあります

今回は下のタイプの機種で、僕が見たときはランプが一つしかついておらず

お客様の各スマホでYouTubeなどが見れないといった症状でした

症状の改善

さて結果から言うと

きちんと繋がるようになりました

しかもえらく簡単な対処で

 

その方法はたったこれだけ

1階の自宅真ん中付近に設置されていたルータを、2回の窓際に移動する

 

・・・これで改善したんですね

WiMAXなどを契約されるときは、契約者のルータを使用する範囲がWiMAXの電波が受信できる地域か調べてくれます

今回はその確認ができておりながら、なぜか電波が微弱で使用できない・・・

なぜかというとWiMAXの回線って

建物に弱いんですね

そしてなるべく

高いところにあるほうが電波を受信しやすいんです

 

なので

  • なるべく2階など、高いところに設置する
  • 可能な限り窓の近くに設置する

たったこれだけで今まで全くネットができてなかったお客様のWiMAXルータが

きちんとネット出来るようになりました!

 

案外このお問い合わせ多いみたいで

これで解決する場合も多いみたいですよ

 

これでもダメならWiMAXさんに直接電話したほうが多分早いです(-_-;)

 

これはWiMAXのルータだけでなく、上にも書いた通り

ソフトバンクやdocomo、EMOBILEなどのルータにも同じことが言えます

せっかく契約して設置したのにインターネット出来ない!!

なんてことがあったら、まずは窓際で高いところに移動してみるのがいいかもしれませんね

 

今日はこの辺で

ではではฅ(^ω^ฅ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です