パソコンの買い替え!迷っている方に選び方を解説!

もう春って感じの気温になってきましたね

この時期は学生さんや社会人さんのお引っ越しシーズンでもあり、新しい家電を揃える

なんて人も多いんじゃないでしょうか

「パソコンを新しく購入しよう」なんて方もいらっしゃるんじゃないかと思います

でもあまり知識がないと「何を目安に買っていいのかわからない・・・」って方もいらっしゃるのも事実です

そこで家電量販店などでパソコンを新しく買い替えるときに、選ぶ目安になるWindowsパソコンの選び方を簡単にご説明しようかと思います

※あくまで簡単になので、詳しく踏み込んでお知りになりたい方々は「Wiki」や詳しく書いてあるブログ様を参考にされるといいかと思います汗

※これはWindowsパソコンの選び方のご紹介ですので、Macパソコンではありません(共通するところはあると思います

まずは自分が希望するパソコンを思い描こう

パソコンは安くなったとはいえ、まだまだ高価ですね

国内のメーカーでこの業界の大手「NEC」「富士通」「東芝」(敬称略)などで選ばれる方ですと

安くても10万円前後すると思います

なので自分が希望するニーズに合ったパソコンを選びたいものですね

僕がパソコンを買い替えるお客様によく聞くのは

  • ノートパソコンかデスクトップパソコンがいいのか(最近だとタブレットパソコンもありますね)
  • 起動や動作の速度はどれくらいがいいのか
  • 付属されているアプリは多いほうがいいのかいらないのか(Word.ExcelなどのMicrosoft Office)、筆ぐるめなど
  • 予算はいくらなのか

あたりです

 

1つ目は持ち運んだり小さいほうがいいって場合は、多少スペックや画面の大きさ落ちますが「ノートパソコン」ですね

 

2つ目の動作速度はは「たまに文章書くくらいだから遅くてもいい」って方もいれば、「よく使うしサクサク動いてほしい」って方もいます

古いパソコンではイライラしていた・・・なんて方は動作が早いパソコンを選ぶのがいいでしょう

 

3つ目の付属されているアプリに関しては「ネットするだけだからOfficeはいらない」って方もいます

国内メーカーだと「マウスコンピュータ」のパソコンにOfficeや筆ぐるめなどがついていない代わりに安いなんてパソコンもあります

海外メーカーにも余分なソフトが入っていないパッケージも多いですね

 

4つ目の予算はこれらから選んでいくと、値段がある程度決まっていくと思うのでがそこから選ぶ感じですね

国内大手メーカーは各季節ごとにパソコンの新モデルを発売します

そこで売れ残った型落ちのモデルを購入すると安く手に入るのことがあります

高スペックのものがかなり安い値段で手に入る場合もありますよ!(店員さんと交渉するのも手ですね。話術次第です笑

動作速度で値段は大きく変わる

さてパソコンを選ぶわけですが、実際見ると何が違うのかよくわからないことも多いですよね

ハードディスク(以下HDD)の容量が大きければ高いとかはパソコンが苦手な方も何となくわかるでしょう

そこももちろん値段に比例するんですが、「CPU」「メモリ」なんかでも値段は変わります

 

CPUはパソコンでいうと「頭脳」ですね。パソコンの処理の速度や同時に処理をこなせる数などに影響します

 

メモリはパソコンが作業するための「机の広さ」だと思っていただければ

4ギガ、8ギガなどが多いですね。16ギガなんかも高性能パソコンだとありますね

家電量販店にはあまりおいてない印象です

 

この二つはパソコンの処理速度、つまり動作速度にかなりかかわってきます

もちろん性能が高いほど高価になります

では次にCPUやメモリの簡単な見分け方を記載します

CPUの選び方

最近のパソコンの大部分は「Intel」のCPUが使われています

パソコンの本体にIntelと書いてあるキラキラしたシールが貼ってあると思います

よく見るとIntelロゴの下に、文字が書いてあります

以下性能順に記載します

  • core i7
  • core i5
  • core i3
  • 記載なしor inside

他にもcore 2 Duoなどの種類がありますが、最近はあまりおいておりませんので割愛で

 

基本的に数字が大きいほど処理が早いと思っていただければ間違いありません

記載なしは廉価版のceleron(セレロン)といわれる種類で、「性能は他と比べると低いけど安価で提供してるよ!」って感じです

  • 遅くてもいい→celeron
  • そこそこの普通のスペックがいい→core i3
  • 結構早いほうがいい→core i5
  • きびきび動いてほしい!→core i7

こんな感じで選んでもらえればいいかなと思います

メモリの選び方

メモリは見た目からはわかりませんが、スペック表みたいなものに必ず記載されているはずです

もし見当たらなければ、店員に聞いてみましょう

最近のメモリは大抵は「4ギガ」「8ギガ」「16ギガ」あたりがあります

もっと少なかったり多かったりもしますが、家電量販店ではあまり見かけないと思います

 

用途としては

  • 4ギガ→ネットやWordなどのちょっとした作業、画像や動画の簡単な編集など
  • 8ギガ→複雑な動画の編集や高画質な画像の編集やCAD、動作が軽めのパソコンゲーム
  • 16ギガ→オンラインゲームをする、同時進行で多くの作業をする、本格的な動画の編集やエンコードなど

このあたりで選んでいただければいいと思います

ただ正直そこそこ高いパソコンには最初からメモリが8ギガ入ってますので、ある程度何でもできるようになっていると思います

 

※メモリが2ギガなんて安いパソコンもありますが、Win10の64ビット版では最低限必要なスペックレベルです。ちょっと動作が遅いかもしれませんね汗

※32ビットと64ビットというのがありますが、64ビットのほうが高速で、各部品の性能も最大限引き出せると思っていただければ差し支えないかと思います

まとめ

結局長々と書いてしまいましたが、要は上記にあるように

  • 早いのがいいのか
  • デスクかノートか

当たりがもっともパソコンを買い替える際に重要なのではないかと思います

お店の在庫状態やセール、新モデルが出ているか否かにもよります

せっかくの高いお買い物・・・上記のCPUやメモリなどをすこーし参照にしてもらいながら

良かったと思えるようなパソコンをご購入いただければなと思います

 

最後に大体の体感の相場を書いておきます

安めの国内大手メーカー→10万円ほど

core i3やi5などを備えた国内大手メーカーパソコン→13~16万円ほど

core i7を備えた国内大手メーカーパソコン→20万円前後

 

国内や大手にこだわらなければ安くて高性能なパソコンもあったりします

ネット通販などで相場は変わってきます

お店のサービスなんかもよく見て決めてみてくださいね

 

今日はこの辺で

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です