Wi-Fiの不具合!短距離なのに電波が届かない・・・

今日の訪問レポート

今日のお客様は「1階に設置してあるWi-Fiの電波が、2階まで届かないので中継器を設置したい」

っというものでした

ご利用だったのはandroidのスマホです

でも本当にかなり近い距離ですし(設置しているお部屋のほぼ真上のお部屋)、鉄筋のご自宅っていうわけでもありません

 

電波というのは目に見えないので便利ですがトラブルが起きると厄介で

目に見えないので検証したりしてどこがおかしいのか、何が必要なのかをひとつひとつ検証して見つけていくしかありません・・・

ですが今回のWi-Fiトラブルはとても単純なものでした

いかに作業内容を記載します

同じようなトラブルが起きている方に、少しでも参考になればと思います

※スマホ以外でもPCやタブレットでも同じ対処で改善する可能背うがあります

最近のWi-Fiには2種類ある

最近のWi-Fiルータは安価なものでもそこそこ高性能ですね

通信の安定性や速度なんかも上がってきました

ビームフォーミングって技術でWi-Fiがつながっているデバイスに一直線に電波を出して、繋がりを良く!

なんて機能がある機種もよくあります

 

そんな中でWi-Fiルータの出す電波には「5GHz」「2.4GHz」というものがあります

ルータのデフォルトの設定だとWi-Fiの名前の末尾に「・・・a」とか「・・・g」とついてたりします

このaが5GHz、gが2.4GHzの事が多いです

(参考画像)

メーカー様によって多少表記が変わりますが大体aが5GHzです

 

違いをざっくり説明すると

5GHz 障害物に弱い。他の家電やルータからの電波干渉に強い。
2.4GHz 障害物に強い。電波干渉に弱い。

なので一軒家構造や配置されている家具によっては

短距離でも電波が弱かったり届かなかったりすることがあります!

今回のお客様は5GHzの電波に接続していました

2.4GHzに接続しなおしてみる

結論から言うとすぐにつながるようになりました

2.4GHzのWi-Fiに切り替えるには、iPhoneもandroidも共通です(画面の配置は多少違いますが・・・

  • ホーム画面の「設定」をタップ(歯車みたいなマークか、スパナみたいなマーク
  • Wi-Fiをタップ
  • Wi-Fiルータ本体に記載されているSSID(無線の名前の事)で、末尾がaではない電波を確認する(機種によっては5GHzとか記載されています
  • 確認したSSIDをタップ
  • Wi-Fiルータ本体に記載されている「暗号化キー(Keyやパスワードと記載されていることもある)」を間違えず入力
  • 接続できたこと確認する

これで接続するWi-Fiの電波を変更することができます

今までの接続していたWi-Fiの情報を消す必要は基本的にはございません

今回のお客様はこれで解決しました

 

注:Wi-Fiルータによっては本体にSSIDや暗号化キーが書いてない機種があります

その場合はルータの中にログインなどしなければ情報がわからずややこしいことになる場合が多いので、詳しい方をお呼びください

 

注2:そもそも5GHzの電波を受信できない機種もあります。その場合は2.4GHzの電波しかWi-Fiをタッチしたときに出てきません

原因

今回の原因は、ご自宅とWi-Fiルータの地形相性が悪かったらしく

5GHzでは2階までWi-Fiが届きにくいという原因でした

今回のお客様は「YouTubeを見たりする程度なので、5GHzだとかスピードだとかに拘るつもりはない」ということだったのでOKでした

どうしても5GHzでWi-Fiを受信したいとか、2.4GHzに変えても2階までWi-Fiが届かないとなるようなら

最初にご希望されていた通り、1階と2階の中間地点付近に「中継器」という電波の橋みたいな機械を設置設定する必要がありました

簡単な作業でトラブルが解決して何よりでした

まとめ

  • Wi-Fiと一言で言っても電波によって性質が異なり、環境に合わせてつなぐ電波を選ぶ必要がある場合がある

僕は一軒家では2.4GHzをお勧めしています

アパートやマンションなどの平らで広さや高さが一軒家ほどではない場合は5GHzをお勧めしております

普段あまり凝視することなどないであろうWi-Fiルータですが、もし興味がありましたら本体の表記を確認してみてもいいかもしれませんね

皆さんも快適なネット生活をお過ごしください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です