BUFFALOの無線ルータ「WXR-2533DHP2」の配達記録

今日はPC関連の機器を主に販売しているメーカー

「BUFFALO」の高価格無線ルータ

WXR-2533DHP2

を配達してきました(クリックでルータ紹介ページへ)

見るからにほかの無線ルータより

でかい!!

そしてアンテナが多い!

他の無線ルータと何が違うのかご紹介したいと思います

アンテナの数が多く、自宅環境に合わせた電波の飛ばし方ができる

この無線ルータはアンテナが4本と非常に多く

もちろん角度を変えたりも出来る

電波を飛ばしたいお部屋に向かって効率よく無線を発信ができるそうです!

ちなみに電波は

アンテナの先からまっすぐ発信されるのではなく

アンテナから垂直に発信されます

なので上に電波を飛ばしたいならアンテナを倒し、横に飛ばしたいならアンテナを立てるといった感じで

調節することができます!

また、環境に依存するとはいえ

メーカー調べでは従来製品と比較して

約2倍近い通信速度を記録しているそうです(上記の通り、環境や繋ぐデバイスによって差はもちろん出ます

高速で通信できる距離が長く、電波も遠くまで飛びやすい

電波がお互いに干渉しにくい仕様により

他Buffalo製品よりもインターネットを高速で行える距離が長く、

今までの無線ルータでは届かなかった・・・

なんて場所にも届くこともあります

(今日の現場だとなんと離れのお部屋まで電波が届いてました

他にも様々な機能

その他にも多数の機能が備わっており

  • ボタン一つで無線につながるWPS/AOSSボタン搭載
  • ビームフォーミングという機能で、つながっているデバイスに電波を狙い撃ちして効率をアップ
  • 外付けHDDやプリンタをUSBで本体に接続することで、簡単にネットワーク化
  • 小さなお子さんなどのネットのし過ぎを防ぐ機能「ペアレンタルコントロール」搭載
  • 壁にかけたり倒して設置したりももちろん可能

などなどがあります!

今回のお客様の場合

さていろいろ紹介してきましたが

この無線ルータ。これだけの機能があるためもちろん

高額です・・・💰

大体2万円くらいする場合がほとんどではないかと思われます

普通の無線ルータと比べると倍くらい高いですね・・・

 

今回のお客様は「はなれでPCを使う、その際に古い無線ルータでは電波が届かなかった・・・」

そこでこの無線ルータで範囲の拡大を図ったわけですね

結果は

成功!!

っといってもPC上では電波は4本中2本、十分に速度が出ていることを確認はしましたが

スマホでは受信できず・・・なので大成功とは呼べず・・・(悔

※基本的にテレビやスマホ、プリンタなどはPCに比べて無線の受信が弱い傾向にあります・・・なのでPCは無線が受信できるのにスマホはできない!なんてことがまま起こります・・・

 

PCを接続するのみということで、今回は満足していただけたご様子でしたが

もし今後環境が変わって無線が届かなくなったとか、スマホもやはり繋ぎたいといった希望が出てきた場合は

同機種や他Buffalo無線中継機能内蔵ルータを用意していただき、無線の中継器設定をしなければいけない形でしたね

まとめ

確かに従来の無線ルータより良く電波が飛ぶと評判のこの機種

スピードも良好で有線でも安定したスピードを獲得できる(お使いのLANケーブルの企画にもよります

無線でも理論値は1733Mbpmというスピードが出るようです

ご自宅の広さや環境、使用するデバイスは人それぞれ

それでも「快適にご自宅に無線を這わせたい」

っという方は、是非このWXR-2533DHP2を検討してみてはいかがでしょうか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です